木材

DIYのメリット

DIYという言葉、最近よく耳にすることが増えたのではないでしょうか。DO IT YURSELFの頭文字で、自分で不用品をリサイクルして新しいものを生み出すという意味で使われます。DIYリサイクルのメリットは、やはり自分の理想通りのアイテムを手に入れられるということです。市販品で「高い」や「ここの色が気に食わない」など思ったことはありませんか。そのような不満をDIYは解決することが可能です。また、市販品は全く同じ商品を大量生産している反面、DIYは世界に一つだけの作品を作ることも出来ます。しかし、1から作るとなると材料費が掛かるのではないかと思われる方もいますよね。それでは突然ですが、壊れたり、要らなくなった家具をあなたはどうしていますか。粗大ごみの回収ステッカーを買っていますか。重い思いをしてごみ置き場もしくは焼却場まで運んでいますか。捨てるにも費用や労力がかかりますよね。そこで、これらの「ごみ」を「木材」と考えて、「材料」としてみてはどうでしょうか。DIYリサイクルの材料とすれば、ステッカーを購入する費用も遠くまで運ぶ労力も不要で、さらに新しい理想のアイテムを手に入れることが出来るのです。DIYで使う他の材料費も安く入手し、抑えれば抑えるほど利益は高まります。

DIY初心者のすすめ

それでは、主材料の木材は手に入ったところで、他に揃えておきたい材料を紹介します。マスキングテープやグルーガン、工具セットなどです。前者の2つは100均で手に入ります。そして、少しお高めではありますが、工具を一式揃えておくと本格的なDIYが出来ます。ノコギリややすり、電動ドライバーなどがセットになっているものやホームセンターでレンタル出来るものもあるので、探してみてください。これらの材料は1回のDIYリサイクルで使ったらもう不要になるというものではなく、繰り返し次のDIYでも使うことが出来ます。特にマスキングテープなどは消耗品ですが、1つだけ買うのでは物足りなくなり何個も購入したくなるものになってきます。そこでこれらを入れる箱が必要になってきますが、この箱もDIYリサイクルで作ると経費削減になる他、愛着が湧いてより楽しめますよね。ぜひ、試行錯誤してお気に入りのDIY専用箱を作ってみてください。上記の材料を集めたところで、いざDIYを始める時、注意しておかなくてはいけないことがあります。それは、電動ドライバーなどの騒音問題です。近所迷惑となりますので、夜には作業しないことと、レンタルスペースなどを有効活用することもお勧めします。

木材を賢くリサイクルする方法

木材を上手く利用しコスト削減木材を効率的に削減するリサイクル